パチンコAKBで、店員から止め打ち注意された

パチンコ打ってて、久々にイエローカード出されました

最近の話なんですが、自宅から一番近い店で打ってた時の話です。ちなみにこの店、普段はあまり行きません。一番の理由は打ちたい、というか、打てる台が無いことですが、他にも知り合いが多い、特にご近所さんが多いので避けてます。群れるの苦手なんです。

だから魚群よくハズすのかも(笑)

 

試し打ちでも当たる時は当たります

まあ、それでも状態の良い台見つけた時は打ちに行くんですけどね。

で、仕事の帰りに打てる台がないか偵察に立ち寄りました。

私のスタイルは平日夜に偵察して、休みの日に朝から夜まで打ちに行きます。

で、甘デジバラエティコーナーを見終わって、特に良さそうな台は無し。まあ、この店にはそんなに期待していないので、あとはライトミドルを見て帰ろうと、AKBバラの儀式コーナーに行きました。設置は4台なんですが、その中でステージ性能の良い台(前から把握しています)を見ると、ヘソがそんなに締まっていないような・・・これなら回るかも、と打ってみると千円で22回。ムラということもあるので、もう千円だけ打ってみようと追加すると1,500円目で疑似連発生。

疑似連の1回目は特にアツい演出もなかったので、全く期待していなかったんですが、疑似連2回目でまさかのSテンパイ。

知らない人のために一応説明しておくと、AKBのSテンパイは必ず最強リーチに発展する激熱なんです。もちろん、当たればラッシュも確定します。

Sテンパイ以外、特にアツい演出はなかったので、期待半分と言ったところだったんですが、48フラッシュ時にボタンプッシュするとサイリュウムがレインボーに点灯!!

まさかの試し打ちでのラッシュ突入です。

 

「現状維持」程度の止め打ちなんですが・・・

大当たりラウンドを消化してラッシュに突入。

ラッシュに突入すると、下の電チューと右のベロの動きに合わせて止め打ちをしています。

別に増やすつもりはないんです。ただ、どこも開いていないのに打ち出してムダ減りをさすのが嫌なんです。

ですからVハズシなんてしませんよ。むしろタイミング合わせて一発目からVを狙ってます。

2連目は15R、3連目は4Rで迎えた4連目。規則正しく止め打ちを続けていると、背後から「あのーお客様」と白いワイシャツ姿の店員が。

嫌な予感・・・

「当店では止め打ちで玉を増やす行為はお断りさせていただいています」とのこと。

「増やしてないよ」と答えると、「こちらはコンピューターで見てますが、こちらの台は時短中に出玉がプラスになっておりますので」と。

全然プラスになってるとは思わなかったんですけどね。多分2~30発くらいだと思います。

今までも何度かパチンコ店から注意されたことはあるんですが、こういう時、私は素直なんで大人しく店に従います。

ただ、2回目注意されるとヤバい(レッドカードの可能性がある)ので、どこまで許されるのか確認することにしています。

私:「ラウンド間も止め打ちしたらダメなの?」

店員:「ひねり打ちは禁止です。」

私:「ひねりはやらやいよ。この店渋いからひねっても成功しないもん」

店員苦笑。

そんな感じで確認したところ、店としては玉が増えなければOKとのこと。

まあ、でもラッシュ中も垂れ流しで打たないとダメなんだったら、この回転率だと厳しいですからね。来ることはないですね。

ケチがついたのか、4連目でラッシュ終了。すぐに流して帰りました。

この店、今までは注意されたことなかったんですけどね。店長変わったのかな?

 

こんどは「まゆゆVer.」でも…

今度は繁華街にあるホールでのお話です。

そのホールは普段行かないホールなんですが、買い物ついでに偵察しようと立ち寄りました。

まあ、どれ打っても回らない。でも回らない中「仮面ライダーV3」の甘で10連してしまい持ち玉があったので、いろいろ台移動しながら打てそうな台を物色していました。

すると「AKBまゆゆVer.」の2台あるうちの1台が若干開き気味…

実際に打ってみると千円分で20回から21回くらいなので悪くはありません。

ちなみに、普段行かない店なので換金率は分からない中打っていたんですが、多分33玉でしょう(笑)

なお、この店貯玉再プレー手数料無料で上限なしとのことなので、良い台を見つければ貯玉会員になろうかな?とか思いながら打ってました。

そして程なくラッシュに突入してからは、よく当たりました。

継続は中型くらい5連チャンから7連チャンくらいなんですけど、12Rのヒキが良い。そして初当たりが軽い。というので、一気に出玉は増えていきました。

そして、1万2千発を超えて目標を1万5千発に切り換えた頃です。店長らしき人物がやって来たのは…

店長「あのー、お客様、あらかじめ警告させていただきますが、当店では電サポ中の度を越した止め打ちは禁止させていただいております。」

私「度を越してないからセーフじゃん」

店長「先ほどからコンピューターで監視していますが、電サポ中に玉が増えてますので」

私「絶対に増えてない!、こんな調整で増える訳ないやろ」

 

「まゆゆVer.」って右側のベロが開くタイミングが一定じゃないので、ライトミドルに比べると止め打ち効果は著しく低下します。ただ、止め打ちをやらないと玉減りが激しいので、それを緩和するために止め打ちしています。

上級者がやれば、あるいは増やせるのかもしれませんが、私ごときの止め打ちでは増やすことはできないのです。

 

「とにかく、2度目の警告になって場合は、出玉没収の上、退店していただくことになりますので、止め打ちはやめていただくようにお願いします。」

 

まだまだ言いたいことはあったのですが、こっちも1万2千発くらい抱えている身。「没収」と言われるとバカな真似はしたくありません。

仕方なく、店長の指示に従い、そのラッシュ終了後はすぐに換金しました。

 

出会い系に関するご質問にお答えします!!

ojisandeaeru@gmail.comまでメールを送信してください。

(回答には2,3日程度かかりますのでご了承ください。)

 

 

関連記事

NO IMAGE

今じゃありえない?昔のパチンコ屋の風景

銀河乙女の甘デジで、久々にパチンコ大勝

NO IMAGE

遅くなりましたが、2017パチンコ最終戦の報告です。

NO IMAGE

パチンコ実戦記を始めます

NO IMAGE

年明けからのパチンコ戦績です