【正直ベースの出会い系体験談】エビフライ女に食い逃げされた話

【正直ベースの出会い系体験談とは・・・】

  • 40代既婚者男である管理人が、実際に出会い系サイトを利用して、主に20代女子と食事に行った体験談です。
  • 管理人のスペックは中の下くらい。ハッキリ言うとブサイク寄りで、写真交換すると高確率で音信不通になるレベルです。
  • 他サイトのように、毎回ホテルまで行ってる訳ではありません。あくまでも正直にレポートしていますので成功率は激低ですが、これが現実です(笑)
  • それでも、管理人自体は20代女子と食事に行くのを楽しんでおりますので、方向としては「出会い系やってて良かった」という内容です。

 

だいたい上記のような傾向の体験談になりますので、あらかじめご承知おきください。

 

今回は、ワクワクメール(18禁)で出会いました!!

 

勝手に名付けた「エビフライ姫」

夜、ワクワクメールの掲示板を見ていると「エビフライ食べたい」という掲示板が。

変な掲示板だと思いましたが、20代前半の女性が出したものだったので本文まで読んでみました。エビフライが大好物で、おいしいエビフライが食べたいのだとか。しかし、実は気付いたのは掲示板が出てから結構時間が経ってて、すでに5人くらいの人がメールを送ってる状況でした。

もう完全に出遅れです。これを挽回するには店の質で勝負するしかありません。

メールに「○○という店に行きませんか?」と、具体的に店名を書いて送信。もちろん○○はファミレスとかではなく、キチンとした洋食屋さんです。

まぁ、それでも今から逆転するのは厳しいだろうなぁ、と思ってたんですが、彼女から「ぜひ連れて行ってほしいです。」とメールが来ました。

それから何回かメールのやりとりをしましたが、感じもなかなか良い人でした。

私は勝手に「エビフライ姫」と名付けて会うのを楽しみに待っていました。

エビフライ姫がエビフライ女になった瞬間

いよいよエビフライ当日です。

仕事を終えて待ち合わせ場所であるお店の前に到着。エビフライ姫が登場するのを待ちます。

すると、少し遅れてエビフライ姫が到着。なかなか明るそうな感じの方です。

お店に入って早速エビフライが入ったディナーコースを注文します。

前菜から料理が運ばれてくる度に「美味しい」と言って満足そうに食べる姫。

「ところで、先にメール送ってた人が何人かいるのに、どうして会ってくれたの?」と聞いてみたら、店の名前まで書いてくれてたので安心した、とのこと。

やっぱり具体的に店の名前を出す方が会える確率が上昇します。

そしてメインのエビフライやデザートまで食べ終えて、「じゃあ、次はバーに行こう」と誘いました。まだ時間も8時半だしね。

でも彼女、「もう寝る時間だから帰る」の一点張り。そうです、彼女、とんでもない食い逃げ女、いや、エビフライ女だったのです。

後日、ナントまた彼女から「エビフライが食べたくなりました。」ってメールが。

「どうせ食べたら、とっとと帰るんでしょ?」って返信しときました。

今回は、ワクワクメール(18禁)で出会いました!!

 

出会い系に関するご質問にお答えします!!

ojisandeaeru@gmail.comまでメールを送信してください。

(回答には2,3日程度かかりますのでご了承ください。)

 

 

関連記事

NO IMAGE

【正直ベースの40代出会い系体験談】社長秘書と居酒屋デート

NO IMAGE

【正直ベースの40代出会い系体験談】21歳の芸大生とお寿司食べた

NO IMAGE

【正直ベースの40代出会い系体験談】24歳キャバ嬢とお寿司デート

NO IMAGE

【正直ベースの40代出会い系体験談】あぶねー、地雷を2度踏みかけた話

NO IMAGE

【正直ベースの40代出会い系体験談】初めて出会い系で女性と会った時のこと

NO IMAGE

【正直ベースの40代出会い系体験談】現役キャバ嬢と手つなぎデート